フランス語の習得

フランス語の名詞性別その1

フランス語の名詞の性別、これはフランス語を習得したい方にとって、最初の大きな壁になっています。
イメージで考えて素直にわかる名詞と、結びつくイメージの性別とは違う名詞があり、とにかく理屈なしに、暗記していかなければならないのです。
この時点でフランス語習得を断念する方も多く、フランス語の名詞は本当にやっかいなものだと言われています。
そこで、どのようにして性別を覚えていけばよいのか、自分なりの方法を生み出す人もいらっしゃると思います。
また、名詞と性別を、とにかく丸暗記していく人も中にはいらっしゃるでしょう。
ここで、ご紹介したいのは、その複雑な名詞の性別を、判断するちょっとしたコツです。
例えば、有名なフランス語で、お月様が女性、太陽が男性と言う、ロマンチックな感じで覚えられる名詞もたくさんあります。
これは、言葉から、なんとなくイメージをふくらませ、その性別を判断する方法ですよね。
女性らしさを感じたら、女性名詞、男性っぽさを感じたら男性名詞と、判断しますので、このイメージが当てはまらないケースの名詞に出会えば、それは間違って覚えてしまうことになります。
ですから、女性らしい言葉、男性らしい言葉と言うイメージでの、解釈は、もうきっぱりと諦めてしまいましょう。
そこで、みなさんに気が付いて欲しいことは、名詞の語尾の綴りです。
この綴りによってフランス語の名詞性別が、決定されているということが言えるでしょう。

 フランス語の名詞性別その1 

加圧トレーニング  ベリーダンス  サーフィンの始め方  ペット葬儀  芸能界のタブー  インターネットラジオ  数秘術  劇団四季  プリザード・フラワー  Nゲージ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi