フランス語の習得

フランス語の名詞性別その2

例外はたくさん存在しますが、フランス語を習得したいと言う初心者の方は、この綴りを見る方法で覚えていくと良いでしょう。
さて、綴りで判断する方法ですが、フランス語の名詞が「e」で終わっていたら、それは、女性名詞と思って良いです。
そして、女性名詞を形成している語尾がありますので、それを覚えましょう。
「esse」と、「te」です。
「エス」と「テ」と発音します。
例えば、「beaute」は、フランス語で美しさですし、「faiblesse」は弱さですが、エスか、エで終わっているので女性名詞となります。
「女性はエステ」と言う合言葉で覚えても良いでしょうね。
代表的な語尾のパターンですが、女性の場合はエステ、以外にもあります。
他にも女性名詞をつくる語尾は、「eur」や、「ure」、それから、「ion」、「ence」、「ance」、「ie」がそうです。
名詞の最後にこれらの文字があれば、それは女性名詞である確率が高いということになります。
くどいようですが、フランス語では、例外もありますので、この先、習得していく上で出会うことになるでしょう。
では、同様に男性名詞をつくっている語尾をチェックしてみましょう。
綴りは「ment」です。
これは、「マン」と呼びます。
例えば、フランス語で「moment」は、瞬間ですし、「tourment」は悩みと言う意味ですが、これらの名詞はマンが付くので男性名詞となります。
「マン」と言えば、英語で男性のことですからね。
そこで、フランス語でも語尾に綴りが「マン」ときたら、その名詞は男性名詞なのです。

 フランス語の名詞性別その2 

加圧トレーニング  ベリーダンス  サーフィンの始め方  ペット葬儀  芸能界のタブー  インターネットラジオ  数秘術  劇団四季  プリザード・フラワー  Nゲージ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi