フランス語の習得

フランス語の俗語その1

他の外国語もそうですが、ある言語を覚えたいときに、やはり単語力というものは大切になってきますよね。
英語を習得したければ、英単語を沢山、知っている必要がありますし、どの言語でもそれは同じです。
単語を知っていれば、文法がイマイチわからなくても、単語をつなげて、片言で通じることもあるでしょう。
日本人で英語が話せない方でも、英単語を組み合わせて使うことで、なんとか話が通じるというケースもありますよね。
みなさんも、街中で外国人の方に話しかけられたとき、英単語を並べただけでも、なんとか相手が理解してくれた経験があると思います。
このように別の言語を習得しようとする際は、第一に単語力というものが物を言います。
例えば、フランス語を習得したい方は、フランス語の単語を覚えることが普通だと思います。
ですが、その際、習得する過程で気をつけなければならないことがあります。
それは俗語です。
俗語はスラング語などと呼ばれる場合もあり、言ってみれば「汚い表現の仕方」です。
「はしたない言葉」と言ったほうがわかりやすいでしょうか。
日本語で言ってみれば「クソ!」とか、そうした表現の仕方で、英語の映画を見ていると本当によく俗語が出てくると思います。
私たちが使っている日本語もそうですが、フランス語にも、その単語に似た表現の言葉がいくつかあるでしょう。
そして、それが汚い俗語だった場合、それを知らずに覚えてしまって、フランスでの会話や、日常生活に使ってしまうと大変、恥ずかしい目に遭います。

 フランス語の俗語その1 

加圧トレーニング  ベリーダンス  サーフィンの始め方  ペット葬儀  芸能界のタブー  インターネットラジオ  数秘術  劇団四季  プリザード・フラワー  Nゲージ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi