フランス語の習得

実用フランス語技能検定試験その3

実用フランス語技能検定試験の4級ですが、目安としては、学習時間が100時間以上で、大学1年修了程度の学力がある方が受験すると良いでしょう。
5級は学習時間が50時間以上で、大学1年前期修了程度の語学力がある方です。
実用フランス語技能検定試験は、級によって、試験方法が違っています。
3級から5級は、一次試験のみが実施されていますので、試験は一度きりとなっています。
そして、1級から準2級は、二段階になっており、一次試験、二次試験と実施されます。
一次試験合格者が、次の、二次試験を受験できるシステムになっています。
一次試験の合格点は、総点における60パーセントから70パーセントの範囲となっています。
ですが、3級以下の級においては、事実上、100点満点中、60点に固定されている。
みなさんの中で、フランス語を習得途中の方であっても、最初の5級くらいは受けてみたいと思いますよね。
このような検定試験を受けることは、ただ、外国語を習得しているだけよりも、自分にとって張り合いになると思いますので、チャレンジしてみてくださいね。
ちなみに、実用フランス語技能検定試験で、二次試験のある級においては、2005年度まで、一次試験と二次試験の得点を合計して、最終合否が決定されていました。
ですが、2006年度から、二次試験の結果によって、最終合否が決定されています。
尚、一次試験免除制度もあり、次季受験1回に限り、これが認められています。

 実用フランス語技能検定試験その3 

加圧トレーニング  ベリーダンス  サーフィンの始め方  ペット葬儀  芸能界のタブー  インターネットラジオ  数秘術  劇団四季  プリザード・フラワー  Nゲージ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi